『いくら背伸びをしてみても 相変わらず地球はじっくり回ってる。 今自分に出来ることを ひたすらに流されずにやってみよう。』 “少年” by ゆず
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
TICADⅣを終えて 「これから何が変わるのか?」
2008-06-04 Wed 01:56
先日、無事TICADⅣが横浜宣言を採択し閉幕しました。

備忘録も兼ねて感想を少し。

横浜宣言および行動計画をざっと読んだ限りでは、日本の外交政策が良くも悪くも反映されているなぁとの印象を受けました。

今回はこれまでのTICADとは異なり、従来の国際的な援助潮流である貧困削減からは少し距離を置いて、アフリカの経済成長に力点を置いたあたりが、なんとも最近の日本外交らしいです。それに加えて、クールアース推進構想がちゃっかり反映されてるのもポイントでしょう。

以下セクション別にコメント。


①経済成長重視路線について

国際社会が「貧困削減」一辺倒に傾倒している中で、アフリカの経済成長に力点を置くという発想自体は悪くないと思います。経済成長が貧困削減を牽引するという側面は見落とされがちですから。またアフリカ諸国を単なる援助の受け手と捉えるのではなく、ビジネスパートナーとして捉えようという試みも非常に良いと思います。

ただ、個人的にはいまいち中途半端な印象を受けます。いっそもっと踏み込んで、グローバル経済の中で生き残っていくためにアフリカの地域的な経済統合に向けた支援を行う!と、そこまで言っちゃうのもアリだったでしょう。あるいは逆に、貧困削減を含む人間開発アプローチとの整合性を意識した内容に踏み込んでいっても良かったかもしれません。

どちらもチャレンジングな内容ですが今のアフリカに必要なことだと個人的には思います。
このTICADⅣという場でどちらかが合意できたら面白かっただろうなー。
(この両者を1つの政治文書の中で両方言及するのは不可能ではないでしょうが、非常に困難でしょうねw)

そういう意味では実際に採択された横浜行動計画は少々ダイナミクスが欠けている感じがします。
経済成長にはインフラ整備その他が重要だ!っていうのは正論ですが、参加したアフリカ諸国はそんなことは言われなくても当然分かってます。どちらかと言うと、その前提に立った上で、

「そのインフラ整備その他は何のためにどうやってやればいいのか?」

っていうことに関して議論できればもっと有意義だったんじゃないでしょーか。
まぁあまり突っ込んで議論しないあたり、無難さに定評のある日本外交らしいといえばらしいのですが。


②MDGsについて

横浜行動計画ではわざわざ一章をMDGsに関する記述に費やしていますが、その内容は既存の国際合意をなぞってばっかりで、中身が乏しいと評価せざるを得ません。既存の合意を想起することの意義を否定するつもりはありません。が、MDGsの達成期限の2015年の折り返し地点である2008年の国際会議で、これまでのレビューもせず、これからの展望も示さないっていうのはちょっと酷い気がします。(MDGsを達成しようとする観点からは)

ただ目新しい内容として、コミュニティ開発の役割と課題について言及している点は大きく評価できると思います。またコミュニティ開発を取り上げる理由として人間の安全保障を挙げていることも注目です。ここではいわゆるボトム・アップアプローチを多分に意識していると思われます。人間の安全保障についてはまだまだ国際的な議論不足な感がありますが、日本政府としては先に実例を積み重ねていくことで実証していこうという狙いがあるんでしょうね。


③平和の定着とグッドガバナンスについて

ここもあんまり目新しい内容はありません。従来からの取り組みの継続の他はどこかで見たような文章ばっかり。もっともこの分野は日本の得意な分野ではない(蓄積された知識が余りない分野)ので仕方ないかとも思います。


④環境問題について

日本のクールアース構想がそのまんま反映されてますね。あとは洪水対策とかいろいろ。持続可能な開発のための教育(ESD)も言及されてますがオマケ扱いですね。
つーかESDを政策としてきちんとやっていく意思がある国ってあるんだろーか?
音頭を取っている日本でさえ政策にうまく反映させられてないのにね。良く分からん。


⑤パートナーシップについて

これもなー・・・。TICADは最初からパートナーシップの確立って謳っているけど、実際には話が全然進んでないんじゃないかと俺は感じてます。南南協力の促進とか、特に。これだけ非DAC国によるODAが話題になってるのに南南協力の話を全然進めないっていうのはどーなのよ。まぁ確かに「TICAD」だからこその面子があるのかもしれないけどさー。うーん。



その他雑感

今回からTICADはフォローアップのメカニズムを導入するみたいですね。上記の内容で何をどうフォローアップするのかイマイチよく分かりませんが。個人的には、環境問題とパートナーシップの話がこれからどう転がっていくかに興味があります。

それから日本の援助増額についてー。基本的にはいいことだと思いますが本当に約束を守れるか心配です。本当に増額するなら日本のODAもかなりアフリカ向けにシフトすることになりますが、それを実施するだけの能力がJICA及び開発コンサル&関連企業にあるのかちょい疑問。まぁ政治も行政も民間もがんばって欲しいものです。

しかし一国の国益がここまで露骨に成果文書に反映される国際会議を見たのは初めてです。
アフリカ諸国からすればODAがもらえるから文句はないのでしょーが、それにしてもすごい。いや外交的には悪いことだとも思いませんが。
国際機関とかNGOの人たちはコレをどう評価してるんでしょうね?気になります。
スポンサーサイト
別窓 | earnest topic | コメント:2 | トラックバック:0 |
JICA世銀共催セミナー「ネットワークの可能性:グローバル社会における科学技術と高等教育支援」の感想
2008-02-03 Sun 01:11
昨日(2月1日)、JICAと世銀のセミナーに参加してきました。
ネットワークの可能性:グローバル社会における科学技術と高等教育支援

 途上国の発展のために科学技術をどう利用していこうか、またそれに際して高等教育にどのような支援をしていけば良いのか?という問題意識を基にしてプレゼンとパネルディスカッションが行われました。

 前々から途上国の高等教育というテーマ興味はあったものの、ほぼ予備知識ゼロで臨んだところ散々な結果に・・・まぁテーマが非常にマニアックだったから当然といえば当然の結果ですが(苦笑)少しくらい予習してから行けばよかったなぁ。

 以下今回理解できたことを簡単にまとめてみます。


 と、その前に今回のテーマの背景について少々補足。

 90年にジョムティエン会議で万人のための教育宣言が採択されて以来、途上国の初等教育への援助はこれまで一貫して増加してきた。人間開発、人間の安全保障、持続可能な開発といった概念のメインストリーム化もあり、途上国の初等教育をめぐる状況はかなり改善したと言っても良いだろう。
 (とは言っても2015年までに全ての国でMDGsを達成するのはかなり困難な状況となっているが)

 さて、では途上国の高等教育をめぐる状況はどうなっているかと言うと、はっきり言って問題が山積している。まず初等中等教育が拡充されたことで高等教育へのニーズは爆発的に増加したが、これに大学の受け入れ能力の拡大が追いついていない。また教育の質の面でも、近年のグローバル化、情報化の進展によりそれに対応できる人材が求められているが、そのような需要に十分に(あるいはほとんど)こたえられていないのが現状である。またITの導入や研究設備(特に自然科学分野において)の更新も多額の費用がかかるため滞っている。
 2000年代に至るまで、初等教育向けの援助が増額された反動を受けて、高等教育向けの援助は減額ないし横ばいの傾向にあった。しかしながら、ユネスコや世銀が相次いで途上国の高等教育の重要性を強調したレポートを発表したこともあり、最近では高等教育向け援助の重要性が再評価されつつある。
 
 
 ・・・とまぁ、こういう文脈の中で今回のセミナーは、開催されたワケです。今回のセミナーでは、科学技術をどう発展に生かすか(例えばどうやってイノベーションを起こすか、とか)ということよりは、どう途上国の高等教育を支援するのかということに、議論の比重が置かれていたような気がします。で、気を取り直して以下学んだこと。


①途上国における高等教育の発展には大学間の国際的なネットワークが重要である
 まぁこれは途上国に限った話でもなさそうですが・・・。なんでネットワークが重要になってくるかと言うと、ネットワークを通じて教員や学生の交換留学や共同研究を行うことで、途上国の大学の人的資源が改善されるからです。初等中等教育とは異なり、高等教育はその発展が人的資源の善悪に左右される側面が大きいです。つまりどれだけ立派な教育・研究設備を整えていても、それを扱う人間に能力がなければ無用の長物になるってことです。
 それで、どうやって能力のある人間を手に入れるかというと、やはり他所から引っ張ってくるか、他所で鍛えてもらうしかするしかないんですよね。他の開発分野と違って、闇雲にお金をつぎ込めばなんとかなるって問題じゃないんです。

②大学間のネットワークで重要なのは、適切なシステム、十分な予算、そして長期的な視野、である
 まずシステムについて。ここでポイントになるのはネットワークを構築する上で、全ての大学がメリットを享受できるようにし、お互いにwin-winの関係を構築すること。途上国側としては一方的な頭脳流出に終わるリスクがあり、先進国側としては一方的な協力を強いられるリスクがある。こうした様々なリスクを勘案した上で、バランスの取れた関係を構築していくことが重要なようです。
 次に予算について。やはり人を派遣したり共同研究をしたりするにはコストがかかります。先進国の大学ならともかく、途上国の大学にとってはこのコストが大きな負担となります。ここが一番援助機関による協力の役割が大きいです。ただフリーライドをする大学が現れないように慎重な判断が必要になってくるでしょうね。
 最期に長期的視野について。こうしたネットワークが機能し、成果を挙げるまでにはかなりの時間がかかります。それを最初から考慮しておくことと、最初からネットワークのヴィジョンや目的を明らかにしておくことが重要だそうです。

③今後の課題について
 まず国際的な大学間ネットワークが増加していく中でネットワーク間の協力をどのように進めていくのかということが一つ。それから現在の人の往来は学士レベルに集中しているので、これをどうやって修士博士課程にも拡大していくのかということが一つ。これぐらいしか理解できなかったorz


以上。全体的に専門的かつ具体的な話ばっかりでクソ難しかった。しかもプレゼンも資料もけっこー英語だった(通訳はいたがかなり下手糞だった)のでマジ疲れた。


最期に個人的な感想。
今のところは自然科学分野におけるネットワークが多いようだけれども、社会科学分野におけるネットワーク構築もどんどん進めていったら良いんじゃないかなぁ。平和構築とかNPMとかいったアプローチがどんどん主流になってくる中で、途上国側の人材を成長させること、それから先進国側のフィールドワークや地域研究を充実させることの意味はとても大きいと思う。

それからどうでも良いが、知り合いの先生いわく今週は教育開発ウィークらしい(笑)
6日のJEFⅤに合わせて(?)内外の研究者・実務者が集まるから集中的にイベントがあるようです。
うん、ほんとにどーでもいいな。

JEFⅤのレポも書きますよ~♪

ではでは今日はこのへんで。
別窓 | earnest topic | コメント:0 | トラックバック:0 |
笑えそうで実は全然笑えないニュース
2007-02-24 Sat 23:58
BBCより

Gambia's UN envoy 'is expelled'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/6390319.stm

「ガンビアで国連職員(UNRCこと国連常駐調整官)が国外退去処分」

UNRCってのは途上国現地の国連職員の一番偉いヒトなので、そのヒトが追放されるなんていったい何が起きたのかと思ったら、記事を読んでびっくりしました。

記事の要点をまとめると、


『ガンビア大統領が最近始めたエイズ治療に対してUNRCが懸念を表明したんだけど、それが大統領の逆鱗に触れたらしく、UNRCさんはあえなく国外退去命令を受けた。』


・・・と、そういうことらしいです。

え?よく分からないって?

あぁ、ちなみにそのエイズ治療というのは、




『大統領がコーラン片手に自ら調剤した秘薬を与える。』




たったこれだけ☆

この方法で大統領は10人以上のエイズ患者を治したんだって!!!
しかも患者さんはたった3日で全治したらしいよ!

すごくね?不治の病がまた一つ減ったんだよ!?

大統領バンザイ!人類の英知バンザイ!(>_<)




・・・って、


アホかああああああああああああああああああぁぁぁぁっっ(`Д´♯)!!!!!!!!!


そんな簡単にエイズみたいな難病が快復するわけねぇだろおおおおっ!?

そりゃ真面目にやってる国際機関は小言の一つも言いたくもなるわなぁ。

↓UNRCの発言↓
『あの治療法は科学的根拠がなく、また、エイズが治療できると信じた国民が危険な行動に走るのではと心配だ』

・・・これ、至極真っ当なコメントじゃん(笑)

こんなで国外追放されちゃうガンビアっていったい・・・

という訳で以下短いけど考察。
笑えそうで実は全然笑えないニュース…の続きを読む
別窓 | earnest topic | コメント:3 | トラックバック:0 |
安保理決議1695
2006-07-16 Sun 18:03
 通りましたね、ついに。

 安保理北朝鮮に対して弾道ミサイル関連活動凍結要求

 まだ決議の内容を読んでないのでなんとも言えない部分はあるのですが、
 日本とアメリカはうまいことやったもんだと思います。

 一部の日本メディアでは、制裁決議ではなく非難決議に落ち着いたことが非難されるでしょうが、
安保理で北朝鮮についての決議を通したということだけで大きな成果だと思います。
 大島日本大使も言ってますが、今後何かあった時に制裁決議を通す下地ができた訳ですからね。

 アメリカは特にホクホクでしょう。決議1695が採択されてからわずか45分後に北朝鮮が「totally rejects」くれたおかげで、北朝鮮制裁のための国内法整備も一気にやりやすくなりましたからね。

 逆に中ロとしては、想定の範囲内の結果とはいえ、やっぱり外交的に痛いでしょう。
 まず中国は六者協議で凍結されていたのに、ミサイル発射で外交的面子を潰されました。それでも北朝鮮のために、国際的に白い目で見られながらも拒否権行使の暗喩までして、制裁決議案を葬ったのに、中朝協議では何の結果ももたらせず、再び外交的面子を潰されました。
 ロシアもミサイルがロシア近海に落とされて内心面白くないでしょう。沿岸住民への対応だとか、ミサイル感知体制がダメ出しされるだとか。これに関しては寝耳に水もいいとこ。それでも、折角アメリカが用意した、「サミットで民主化問題を扱わない」っていう美味しい餌を無視してまで、制裁決議には反対しました。

 そして両者は血の滲むような外交努力で折角決議の内容を極力弱いものにしたのに、

 採択されてわずか45分で再び北朝鮮全否定かよw

 俺が中国大使かロシア大使だったら絶対に北朝鮮に愛想尽かしたくなります(笑)


 まぁ、とにかく何はともあれ決議は通りました。

 日米の制裁が課されて、中韓の援助が一部ストップされて、それで北朝鮮がどう出るか。

 しばらくの朝鮮半島情勢は北朝鮮の出方次第になるでしょうね。
別窓 | earnest topic | コメント:0 | トラックバック:0 |
積極的自衛権の行使
2006-07-13 Thu 23:59
超・唐突ですが、皆様は『積極的自衛権』という言葉をご存知でしょうか?

積極的自衛権とは?
 自国の安全保障への緊急大規模かつ直接的な脅威が存在し、それが継続して存在することが明らかである時に、その脅威を排除するために、他国に対して特定の軍事施設(例えばミサイル基地等)だけでなく一般軍事施設はおろかインフラストラクチャーや民間施設に対しても軍事力を行使することが許されるとする概念。
 
 同様の語感を持つ先制的自衛という概念との差異は、上記したが軍事力行使の対象が非常に幅広いことである。積極的自衛権の行使に関しては、国際慣習法、交戦時の各種国際法の見地、そして人道的見地から非常に大きく懸念されているが、脅威のその著しいまでの甚大さが故に正当化されるべきであるとされている。

 しかしながら、積極的自衛という概念は比較的歴史が浅いがゆえに、まだまだ議論が不十分である点は否定できない。この点は、この概念の提唱者であるギルバート・デュランダルも認めている。今後はこの概念に対する国際的な議論が望まれる。ちなみに現時点でこの概念を支持する者としてはロード・ジブリールらが、支持しない者としてはユウナ・ロマ・セイランやタリア・グラディスらが代表的である。


そして・・・


積極的自衛権の行使…の続きを読む
別窓 | earnest topic | コメント:0 | トラックバック:0 |
| tarou's room | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。