『いくら背伸びをしてみても 相変わらず地球はじっくり回ってる。 今自分に出来ることを ひたすらに流されずにやってみよう。』 “少年” by ゆず
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
強化合宿、というか模擬国連について思うこと
2006-03-06 Mon 06:45
先日わせけん強化合宿が終了しました。
いろいろと感じたことをつらつらと書いていくとキリがないので、
自分の中で整理したいことだけ書きます。

①模擬国連とは何か?
いきなり抽象的な問いですが、今回の合宿ではこのことについてひたすら考えさせられましたね。合宿が終わって、今日Yの姐さんと話してようやくまとまってきましたが、
思い返してみれば、これまでの自分は『模擬国連』というものをえらく
狭い範囲で捉えてしまっていたんじゃないかなぁと感じます。

今までも『模擬国連』とは国連を模擬する場であるということは認識していた(つもり)のですが、やはりどこかで現実の国連で達成不可能な解決策を追及する場であるっていう偏見がけっこ-混じっていたようです。

この俺の偏見の背景にあるのは、
a.これまで「良い子」国家しか担当してこなかったこと
b.無意識下で国連に世界政府的な役割を果たすことを期待していたこと
の2点が挙げられると思われます。

俺はこれまで模擬国連会議で最終的に採択された決議に対して、
全体的な国際益を追及する立場からしか、意味づけをしてこなかったな、と反省しています。
国連は単に国際益を追及するだけの場ではなく、対立する各国の利害の調整の場であるので、
おそらく模擬国連決議決議という結果に対する意味づけは各国の価値観と国益に基づくべきなんでしょうね。

現実の国連では、ある問題に対する議論の進展というものも当然存在しますが、それと同時に議論の停滞、もしくは決裂というものも存在することを考慮すると、
模擬国連会議においてもそういった事象が起きてもなんの不都合も不自然さもないでしょう。
これまでの模擬国連会議において、常に自分は『会議を成功させなければならない』という思いに取り付かれていましたが、上記の点を完全に見落としていました(苦笑)
ですがこれからはもうちょっと楽に考えることができそうです。


②RealityとOriginality
『模擬』国連である以上、その活動におけるRealityの追求は当然必要不可欠です。
ですが『模擬』国連であるからこそ、Originalityの介在する余地があるとも言えるんじゃないでしょうか。
どういうことかというと、『模擬』は完全にはなれないから『模擬』であって、Originalityっていうものは本物の国連(完全)と模擬国連(不完全)の間に生じるギャップを埋め、不自然さをなくすものだと俺は解釈しています。その過程では学生ならではの自由な発想の展開が可能ですし、そこで生まれた新しいアイデアを模擬国連という場で検証&議論するのは非常に刺激的で有意義なことだと思います。

こうすると問題になってくるのがRealityとOriginalityのバランスです。
Realityをひたすら追求すれば、より現実に国連で行われている議論に近くはなりますが、各人の負担も増え(本物の決議の長さを考えてみてくださいw)、議場での議論は硬直的なものになってしまいます。
反対にOriginalityを追求すれば、議論は活発化するでしょうが、その一方で現実性は失われます。
この両者のバランスはいかにして取ればいいのか?
自分の中でも未だに明確な答えは出ていませんが、今漠然と思うのは、
『各人の演じるデリゲーションとして好きなようにやればいい』んじゃないかなぁってことです。
もぎこっかぁは模擬国連会議において、デリを演じます。
その演技は人それぞれで異なるのが当然であって、例え全く同じ会議設定、国割、論点設定の会議を繰り返しても、その最終的な結果は毎回変わることになるでしょう、それぞれの演技は毎回微妙に変わりますからね。
それゆえ各国大使の演技というものは、その時々の個人の感じ方に左右されるTemporaryなものなんじゃないかなぁと思います。例えば、ある会議において100人にA国のデリをやらせれば、100通りのA国のデリが生まれても良いし、その方がある意味自然だと思います。
ただ上記の『好きなようにやればいい』っていうのは当然無制限の性質ではなく、Originalityを主張する場合はそれを補強し、説明できるだけのロジックと価値観に基づいている必要はあるでしょう。

うーん、あんまり整理されてないけれども今日はこの辺で。
もぎこっかぁコメント求ム。

強化合宿、というか模擬国連について思うこと…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | clubs | コメント:2 | トラックバック:0 |
| tarou's room |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。