『いくら背伸びをしてみても 相変わらず地球はじっくり回ってる。 今自分に出来ることを ひたすらに流されずにやってみよう。』 “少年” by ゆず
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
笑えそうで実は全然笑えないニュース
2007-02-24 Sat 23:58
BBCより

Gambia's UN envoy 'is expelled'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/6390319.stm

「ガンビアで国連職員(UNRCこと国連常駐調整官)が国外退去処分」

UNRCってのは途上国現地の国連職員の一番偉いヒトなので、そのヒトが追放されるなんていったい何が起きたのかと思ったら、記事を読んでびっくりしました。

記事の要点をまとめると、


『ガンビア大統領が最近始めたエイズ治療に対してUNRCが懸念を表明したんだけど、それが大統領の逆鱗に触れたらしく、UNRCさんはあえなく国外退去命令を受けた。』


・・・と、そういうことらしいです。

え?よく分からないって?

あぁ、ちなみにそのエイズ治療というのは、




『大統領がコーラン片手に自ら調剤した秘薬を与える。』




たったこれだけ☆

この方法で大統領は10人以上のエイズ患者を治したんだって!!!
しかも患者さんはたった3日で全治したらしいよ!

すごくね?不治の病がまた一つ減ったんだよ!?

大統領バンザイ!人類の英知バンザイ!(>_<)




・・・って、


アホかああああああああああああああああああぁぁぁぁっっ(`Д´♯)!!!!!!!!!


そんな簡単にエイズみたいな難病が快復するわけねぇだろおおおおっ!?

そりゃ真面目にやってる国際機関は小言の一つも言いたくもなるわなぁ。

↓UNRCの発言↓
『あの治療法は科学的根拠がなく、また、エイズが治療できると信じた国民が危険な行動に走るのではと心配だ』

・・・これ、至極真っ当なコメントじゃん(笑)

こんなで国外追放されちゃうガンビアっていったい・・・

という訳で以下短いけど考察。
笑えそうで実は全然笑えないニュース…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | earnest topic | コメント:3 | トラックバック:0 |
| tarou's room | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。