『いくら背伸びをしてみても 相変わらず地球はじっくり回ってる。 今自分に出来ることを ひたすらに流されずにやってみよう。』 “少年” by ゆず
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
「顔の見える援助」って何なんだろう?
2008-02-08 Fri 21:19
今日ODA・プラント輸出便覧の2007年度版を読んでてそんなことを思った。

この資料の中では、昨今の日本のODAの受注者に占める日本企業の比率が低下していることに対する問題意識が何度も提示されてました。
詳細は省きますが、「調達の一部をタイド化するべきだ」、とか「JICSにもっと調達監理をさせるべきだ」、みたいな主張がなされていました。

それらの中で「二国間無償のスキームで国際機関に委託するのはいかがなものか?」という点のみはなんとなく共感できましたが、他はいまいち共感できませんでした。

だって、日本企業の受注率が下がってるのは外国企業の方が相対的に優れているからじゃないの???
それにタイドからアンタイドへの意向は国際的な潮流だし、妥当性もあるのにそれに逆行すればOECDでまた叩かれるのが目に見えてるのに…

スローガンとして「顔の見える援助」という言葉をよく聞きます。この資料の中でも何回も出てくる言葉です。
誰も説明してくれませんが、意図としては、日本人がODAの現場で働くことによって日本に対するイメージを良くしようということなんでしょう。

もちろんこのことは特別非難されるようなことではなく、ODAの効果のひとつとして認められて当然のこと。

しかし、それが現在の効率と結果を最重視する現在の手法と相性が悪いことは間違いないです。
現在では外国企業の方が、より低コストでより高いパフォーマンスを発揮している傾向があるので、日本企業が淘汰されてしまいますから。

まぁそこら辺が日本企業としては面白くないのでしょう。

しかし開発援助を行う中で、途上国の事情よりも自国(というか会社)の事情を優先しようとする考え方はさすがに時代錯誤なんじゃないでしょうか。

「顔の見える援助」という言葉は、産業界が市場の変化に対応する企業努力を怠るための言い訳のように僕には聞こえて仕方ありません。

んー、あんまり調達監理については詳しくないので散文になってしまいました。
このテーマについては、援助行政についてもう少し勉強して、他国との比較も交えながらまた考えてみたいです。
スポンサーサイト
別窓 | diary | コメント:0 | トラックバック:0 |
| tarou's room | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。