『いくら背伸びをしてみても 相変わらず地球はじっくり回ってる。 今自分に出来ることを ひたすらに流されずにやってみよう。』 “少年” by ゆず
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
第17回模擬国連会議全日本大会を振り返って
2006-01-06 Fri 01:02
これも昨年のうちにやっておきたかったのですが、下記と同様に無理でした。
でもこれ以上遅くすると忘れてしまいそうなので今日やっちゃいます。
っていうか今回もマジ長いです。忙しい人は読まないで下さい(笑)





はい、まず最初に、一応UNFPA新人賞(正確には『この木何の木気になる木で賞』)を頂きました~。
村木さん、是永さん、みなみさん、ありがとうございます〈(_ _)〉
(まぁどうせこれを読むことはないだろうけど…)

さて、せっかく新人賞というものを頂いたんですけれども、自分としては、今回の自分にこの賞に値するだけの価値は全くないと考えています。(…フロントの皆様申し訳なひです)
そもそも今回は交渉うんぬんの前に一大使として失格だったと思う。

①自国(Finland)の国益を把握し切れていない
②自国の所属するグループ(Europe Union)の利害を把握し切れていない

…今回のケースでは俺の行った交渉がリプロダクティブヘルス・ライツに特化していたため、まぁ千歩譲って許せるかもしれん。ただどんな局面においても国益を追求しなければならないという観点から考えると問題外ですが。

が、

③自分(達)が今とっている行動が何を意味している(&今後どのように解釈されうる)のかが完全に理解できていない
睡眠不足だとかリサーチ不足だとか、そんなのは理由にならない。
そもそも緊張感が無さすぎる。他の大使に指摘されるまで気付かないって、どういうことよ?
そのため一国大使としてはあるまじき行為、矛盾した言動が随所有り。
もっと自分の発言、行動の一つ一つに責任が伴うことに留意する必要がある。それがもぎこくをやる上で最低限のルール。

と、まずこれが今回の反省の第一段階。
で、次反省第二段階。


①リサーチ不足
というかそもそもあんまりやる気がなかったせいもあるけど(だってSympo終わったばっかじゃんっ)まぁ反省としてもっと真面目にやっておけば良かったなぁって、終わってから後悔orz。BGすら全部読み終わらないってどういうことだよ!?

②論点グループ選択ミス
これも痛かった。リサーチしてないんだから、一番大事なリプロを選んでるんじゃねぇよっ!しかもいつの間にやら論点グループリーダーになってるし。自分の得意分野の教育が論点に立たなかったので、自分できちんと主張して立ち上げるべきであったかも。(それも本当は違うけど、少なくとも会議(と多分国際社会)への貢献はできた筈)

③批判的視点の欠如
今回はUnited States大使の掌の上で弄ばれてた感が、個人的には強い。最初にコンセンサスでなければならないと規制がかかってしまったけれども、US抜きっていう選択肢もあったハズ。またUganda大使が主張していたようにリプロを保留という選択も可能であった。
にもかかわらず、それが選べなかったのは(リサーチ不足で全面合意がどれだけ不可能に近いか理解していなかったことを抜いても)会議冒頭で出された提案への批判的な視点が欠けていたことが原因だと思われ。
基本的に各国はそれぞれの国益を最大化するために行動するのであるのだから、すべての行動の裏には何らかの思惑があると考えるべきであるのに、それについて全く考えが及んでいなかった。

④集中力の欠如
二日目の深夜コーカス終盤、口頭での文言修正で合意に至った後、PCに打ち込まれた文言の完成を待たずにその場を去ったら、最終的に出てきた文言が自分の思ったものと全く違う文言になっていた。これは単なる自分の勘違いであったが(ちなみに確認済み)、もっと集中していれば、もしくは最後までその場にいたならば、確認がきちんとできただろう。また三日目午後の最終局面においても完全に集中力が切れていたため、まともな判断ができていなかった。成果文書の扱いについてもっとできることがあったはずなのに。

以上反省第二段階。
次、叩いてばっかじゃなんなので今回評価できる点

①一日目の深夜コーカスまではそこそこまともな議論ができていた
(まぁ評価は分かれるかもしれませんが)自分ではそう思います。
これに貢献したのは恐らく、論点について事前にいろいろ「考えて」いたことが大きいと思う。Sympoと学校の課題からの現実逃避の時間はしょっちゅう会議について、リプロについて考えてました。いつか誰か先輩のブログに書いてあったけれども、「考える」作業はリサーチの中でかなり重要な位置を占めると思う。自説の根拠、相手の反論の予測とその反論への更なる反論。あとそれに基づいた文言を用意しておければbetter。まぁもっともリサーチをきちんとやらないとこれの意義も低下するっていうことも今回分かったのだけれどもね。

②二日目の深夜コーカスで某大使のかなり無茶な文言の削除に成功したこと
まぁ上記したように最終的にケチがついたわけですが、まぁある程度は成功したといえるかな。知識はほとんどなかったけども、はったりでロジック積み立ててなんとかやりました。はったりにせよ何にせよ、とにかくロジックで相手を説得できた、っていう点は去年の課題だった論理的思考能力の向上の表れともとれるので、まぁ良かった。

以上わりと評価できる点。
あと今回、そしてこれまではそれほど問題にならなかったけども今後問題になる点。

①担当国のきちんとしたリサーチ
最初にも書いたけど、基本的に自国の意見が分からないと、どうしようもないです、大使として。今まで担当国について調べたのはAfghanistanくらい。他はWikiと外務省レベル(オイ)これは今後改善する必要有り。

②文言作成に関して
過去の決議文、報告書をちゃんと読みませう。そうしないとリアリティないですから。


まぁこんなところかな。以上長くなりましたが全日レビューでした。今回の反省を今後にうまく生かしていきたいです。





以下コメント返し。久しぶりだ、こんなにいっぱいコメントついたの(笑)

>イトウ君
おーっ!コメントありがとう☆今年もよろしゅうお願いします。脱・不健康目指してお互い頑張ろう

>いくえい
コメントありがと♪
やっぱり安定した軸がないと(やっぱり抽象的)自分の行動すべてにブレが生じるからね。お互いがんばろう。

>べちこ
何に感心したのか分からないけれども、まぁ今年もよろしくお願いします(^―^)

>Ko
そーだね!俺もうチュートリ休めないから必死です(苦笑)今年もよろしく。
スポンサーサイト
別窓 | clubs | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<現実 | tarou's room | 2005年総括と2006年に向けて>>
この記事のコメント
パキスタ伊織改めSFC一代目ならず者国家担当です。
会議おつかれさまでした。
そういえばもうじき皆さんの後輩が入ってきますね。そうなると会議に対する姿勢が相当変わります、多分。確か去年の湘南セッションでもそちらの先輩連中に同じような事を言った気がする。まぁ、がんばってください。
2006-01-07 Sat 23:27 | URL | 伊織ちゃん #u62fkvpQ[ 内容変更] | top↑
やぁ!UNFPAの会議でお世話になったデンマーク大使です。

新人賞おめでとう!

このブログのレビュー読んで、かなり同意しました。
いろいろ学んだよね。うん。
成長した。

また会う機会はそう遠くないだろうから、またよろしくねん。

あ、こっちのブログにも遊びに来てください^^
http://blog.livedoor.jp/fk040770/
勝手にリンクはさせていただきます^^
2006-01-06 Fri 16:39 | URL | かめさき #QZi9t2.I[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| tarou's room |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。