『いくら背伸びをしてみても 相変わらず地球はじっくり回ってる。 今自分に出来ることを ひたすらに流されずにやってみよう。』 “少年” by ゆず
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
HOTEL RWANDA
2006-02-21 Tue 15:36
先週、渋谷で見てきました。

友人知人の間で絶賛されているのでどんなものかと思い見てきたわけですが、

前評判通りなかなかのものでした。

映画としては非常に完成度の高いものでしょうし、
メッセージ性も強いでしょう。

この映画は模擬国連やシンポで去年一年間勉強していたせいで、
物事をマクロに捉えがちになっていた自分を省みる良い機会をくれましたね。

一日1$以下で生活する人間が11億人、
教育を受けることができない子供が1億2000万人、
HIV/AIDSによる死者は毎年300万人。


自分はこういう大き過ぎる数字に慣れていたのかなぁ、と思いました。
『100日で100万人が虐殺された』
この言葉の意味を改めて考え直しました。

この“HOTEL RWAMDA”を見た多くの観客は
1994年のルワンダ大虐殺を思い出し(もしくははじめて知り)
こう思ってたことでしょう、

『もう、このような悲劇は二度と繰り返してはならない』、と。

だが、

現実に今この瞬間も悲劇は繰り返されている。

Somalia、Sudan、DR-Congo、Central African Republic、Uganda…

ルワンダ大虐殺を経て国際社会が悲劇は繰り返させないと心に誓ってから、
いったいどれほどの罪無き命が失われたのだろうか?

そうした事態を良しとしないハズの国際社会は、
いったい何をしてきたのだろうか?

それにしても、一般の人々(俺も含め)のなんと無力なことか(嘆息)
ただ嘆き悲しむばかり。
市民に遠い異国の人々を救うために出来る事は何も無いのだろうか?

知るだけでは何も解決しない、誰も救えない。
彼らのために俺にできることって一体何なんだろう?


…そんなことも考えさせられた映画でした。
最後にエンディングに流れた曲の歌詞を引用したいと思います。

“Million Voices” by Wyclef Jean

-----------------------------------
[曲中に流れる子供たちのコーラス]
Ni dyar'izuba, Rizagaruka, Hejuru yacu,
Ni nduzaricyeza ricyeza.
-----------------------------------

Rwanda, Rwanda
Yeah, Rwanda Rwanda

They said: "Many are called and few are chosen,"
But I wish some wasn’t chosen for the blood spilling of Rwanda.

They said: "Meshach Eshach and Abednego, Thrown in the fire but you never get burned,"
but I wish that I didn't get burned in Rwanda.

They said: "The man is judged according to his works,"
so tell me Africa, what’s your worth?

There’s no money, no diamonds, no fortunes
on this planet that can replace Rwanda…

Rwanda Rwanda
Yeah, Rwanda Rwanda

These are the cry of the children
Rwanda Rwanda

Anybody hear my cry?
If America, is the United States of America,
Then why can’t Africa, be the United States of Africa?
And if England, is the United Kingdom,
Then why can’t Africa unite all the kingdoms
and become United Kingdom of Africa?

Rwanda Rwanda~
Yeah, Rwanda Rwanda

These are the cries of the children, yeah.
Can anybody out there hear our cries?

Yeah, heavens cry  Jesus cry.
Lord, did you hear us calling you?

Yeah, Rwanda Rwanda,
Lord, did you hear us calling?
Can you do something in Rwanda?

Rwanda Rwanda,~
I’m talkin' 'bout Jesus;
talkin' 'bout Rwanda Rwanda~


I wanna play my guitar for Rwanda....



≫あっち
コメントありがと☆
強化合宿が間近ですが未だに自分の会議のことばっかりやってるダメ男です(自嘲)
NPTかぁ、ほんとにどうなるのやら…(嘆息)
まぁ合宿ではぼちぼち頑張ります。てかリサーチ量で絶対負けてる気がするorz
原子力の平和利用もまた難しい問題だよねー。
軍事技術に確実に転用されないとしても再処理や最終処分の問題があるからね。
ただ自分は原子力に依存した上で成り立つ生活をしているから、
なんとも言えんです(汗)

≫かめさん
合宿お疲れ様です☆
有意義なものになったことを祈ります。

俺はイランには戦略的な意図はあんまりないんじゃないかなぁと睨んでます。
現政権が誕生した経緯を考えると、あれだけやってまだ何か裏の意図があるなら、
イランは大した役者ですよ(苦笑)

やっぱかめさんもNPTに関しては悲観的ですか。
何か新しい答えが必要とされているのにそれが全く見えない、
厳しいものですねぇ。

追伸:やっと新歓の議題を決めました。遅過ぎだろって話ですが(滝汗)
これから必死で追いつきます(笑)
スポンサーサイト
別窓 | diary | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<強化合宿、というか模擬国連について思うこと | tarou's room | 核問題>>
この記事のコメント
歌詞のせてくれてありがとう。改めて、言葉では言い尽くせない、かの映像の数々を思い出しました。あの歌詞をのせるメロディーが不自然なくらい明るめだったのが皮肉よね。 ビデオがでたら、再び見よう、目をそらさずに。レンタルできるようになるかなぁ・・・
2006-03-15 Wed 03:17 | URL | だのん #TT0fzUCU[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| tarou's room |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。