『いくら背伸びをしてみても 相変わらず地球はじっくり回ってる。 今自分に出来ることを ひたすらに流されずにやってみよう。』 “少年” by ゆず
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
前回のエントリーへの謝罪(とちょっとメディアリテラシーについて)
2006-06-29 Thu 20:35
すいません、

前回の『IranとIsrael』という今日のエントリーに大きな誤りがあったので指摘し、謝罪します。

『IranとIsrael』ではさもIran大使が完全に原稿を無視して発言したとの趣旨が述べられていますが、これは誤りです。

実際の映像を確認した所、原稿を逸脱した部分は、15分に渡るスピーチのうち最後の2分間の一部の部分だけでした。

しかもその内容は直接的にIsraelの核保有を批判するものではなく、
厳密にはasahi.comの該当記事にあるようなものだけでした。

asahi.comの記事が不正確であった訳ではなく、完全に自分の記事の拡大解釈でした。申し訳ありません。

ただ1つ言い訳させてほしいのは、このasahi.comの記事からだと、俺みたいな解釈って十分可能じゃないですか?

これは是非皆さんの意見を聞きたいです。

一次ソースを知っていながら確認をしなかった自分の怠慢さを棚上げするようですが、
メディアの影響力の大きさと、メディアリテラシーの重要さを今回思い知らされた気がします。


前回のエントリーは削除しようかとも思ったのですが、今回のことを教訓とするために残しておこうかと思ってます。
スポンサーサイト

別窓 | earnest topic | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<IMFとWorld BankとODA借款とWTO貿易自由化交渉と、そしてジャマイカ | tarou's room | IranとIsrael>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| tarou's room |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。