『いくら背伸びをしてみても 相変わらず地球はじっくり回ってる。 今自分に出来ることを ひたすらに流されずにやってみよう。』 “少年” by ゆず
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
笑えそうで実は全然笑えないニュース
2007-02-24 Sat 23:58
BBCより

Gambia's UN envoy 'is expelled'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/6390319.stm

「ガンビアで国連職員(UNRCこと国連常駐調整官)が国外退去処分」

UNRCってのは途上国現地の国連職員の一番偉いヒトなので、そのヒトが追放されるなんていったい何が起きたのかと思ったら、記事を読んでびっくりしました。

記事の要点をまとめると、


『ガンビア大統領が最近始めたエイズ治療に対してUNRCが懸念を表明したんだけど、それが大統領の逆鱗に触れたらしく、UNRCさんはあえなく国外退去命令を受けた。』


・・・と、そういうことらしいです。

え?よく分からないって?

あぁ、ちなみにそのエイズ治療というのは、




『大統領がコーラン片手に自ら調剤した秘薬を与える。』




たったこれだけ☆

この方法で大統領は10人以上のエイズ患者を治したんだって!!!
しかも患者さんはたった3日で全治したらしいよ!

すごくね?不治の病がまた一つ減ったんだよ!?

大統領バンザイ!人類の英知バンザイ!(>_<)




・・・って、


アホかああああああああああああああああああぁぁぁぁっっ(`Д´♯)!!!!!!!!!


そんな簡単にエイズみたいな難病が快復するわけねぇだろおおおおっ!?

そりゃ真面目にやってる国際機関は小言の一つも言いたくもなるわなぁ。

↓UNRCの発言↓
『あの治療法は科学的根拠がなく、また、エイズが治療できると信じた国民が危険な行動に走るのではと心配だ』

・・・これ、至極真っ当なコメントじゃん(笑)

こんなで国外追放されちゃうガンビアっていったい・・・

という訳で以下短いけど考察。

まずガンビアがどんな国かおさらい。

・政治
94年の無血クーデターを導いたYahya Jammehが96年に大統領就任し、以降二度(一応)民主的な大統領選挙により当選し現在三期目。大統領の所属する与党も先月の国民議会選挙で大勝、大統領は安定した政権運営を行っている。

・経済
アフリカに典型的なモノカルチャー経済。一人当たりGNPは290米ドル、HDI(人間開発指数)は0.479で177ヶ国中155位。GNPは4億米ドルに対して対外債務5億米ドル超。世銀からはHIPC指定。

・対外関係
イスラム教徒が多いのでイスラム国家と仲が良い。あと台湾も認知してる。そのおかげで援助をもらってる。お隣のセネガルとは良好な関係とは言いがたいけれども、経済的にかなり依存してるのでうまくやろうとはしてる模様。

・その他備考
ガバナンスはやっぱり脆弱。LDCなのにアメリカのMCA対象外だし。ちなみに汚職認知指数は2.7、報道の自由の世界ランクは29.5。


で、国際社会からの非難というデメリットがあるのにも関わらず、大統領はどうしてこのような行動に及んだのか。

まずガンビアのマスコミで最初に大統領のエイズ治療の報道がされたのが1月の17日。そしてガンビアの国民議会選挙があったのが同25日。

やっぱり国民の支持を得ようとしてこんなこと言ったんでしょうねぇ。

自らの特殊性を国民にアピールすることによって選挙でのカリスマ効果を狙ったのかと。さらにガンビアでは前々から薬草でエイズが治るっていう噂が出回っていたので、『エイズ治療』というネタを言い出しやすい状況だったことはあるでしょう。

ガンビアでの最近の報道をちら見した限りでは、都市部の知識層はあまり信じていないようですが、疑いつつも期待している国民もいるみたいです。

そうしたことを考えると、大統領の主張の正当性が疑われるような要素は極力排除したいんでしょうね。表向きはUNRCを追放したのは、UNRCが無能だったからと言ってるみたいですが。

もうちょっと厳密に検証してみたいトコですが、資料も気力もないのでこの辺でやめます。興味がある人は後は自分で調べてみてください。

日本(というか先進国)の視点からすると非常にお粗末なやり方ですが、こんなことも世界ではありうるんだなぁと思わされたニュースでした。

ちゃんちゃん♪

参考URL
BBC News 最近お世話になってます。
外務省 日本の外務省のHPって便利だから海外からのアクセスが多いらしいです。
ディプロマティックな人間になるための道のり 
ガンビア在住の某国際機関職員さんのブログ。めっちゃ面白いです。
国際機関に興味がある人は是非読んでみてください。
allAfrica.com
なんかよくわかんないけど、アフリカの報道機関からニュースを買って転載してる模様。今日見つけたけど結構使えそう。
スポンサーサイト
別窓 | earnest topic | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<TVアニメ コードギアス反逆のルルーシュレビュー | tarou's room | いじめのある国>>
この記事のコメント
こめんとばっく
≫お~みや
げ、インドの選挙ってそんなことやってんの?
世界最大の民主国家の名前が泣くねぇ・・・
まぁそれでも確かに国家詐欺まがいのことをやってるガンビアよりはましかも。


≫キム
ちなみに大統領の秘薬は“Special brend of herbs”で作られてるらしいよ。
しかもしかもbrendの仕方によっては喘息や精神病、果ては下半身不随とかまで治せちゃうらしいよ☆
アフリカの奇跡だね(>_<)
今後大統領がどうするかだけど、やっぱり嘘を突き通すと思うよ~。面子もあるし、何より彼にとっては国民よりも保身が大切だろうから。
独裁者ってのはそういうものです。
2007-02-25 Sun 19:47 | URL | tarou@管理人 #-[ 内容変更] | top↑
・・・いやなんと申し上げましょうか。
んなもんで治ったらすごいわなぁ。
ってか大統領様医師免許とかはお持ちで?自分で調剤って・・・。日本でやったら完璧違法っす。
バックにあることは社会情勢はうといから分からないけど、
国民がこれ信じちゃったら薬飲まなくなったりして将来的にエイズ死亡率が増えそうな・・・。
うそでしたと表明すれば支持率が下がり、貫き通せば労働人口が減る可能性が・・・。いかがいたしますか。大統領。
2007-02-25 Sun 11:55 | URL | キム #-[ 内容変更] | top↑
いやはや
貧困層にテレビやガスコンロを配っているインドの選挙の方が、はるかに可愛く見える話ですねぇ。

てか、本当の意味でのエイズ治療法を確立したら、ノーベル賞間違い無しですな。
2007-02-25 Sun 01:09 | URL | お~みや #OS8ryOCA[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| tarou's room |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。